ながさわ歯科医院

歯列矯正



当院では歯並びだけではなく、美しい顔貌のための口腔育成を行っております


当院では床矯正を行っています

床矯正とは

床矯正
発育途中にある子供の「あごの骨」を正常に発育させ、歯を抜かずに「自然に」美しい歯列にする矯正治療です。
口腔外科的な矯正は、数本の歯を抜いて、歯の生えるスペースを作るという考え方で進められますが、その治療方法の場合、普通に並ぶことができるはずの歯を抜いてしまうことなど、大きなデメリットがありました。
床矯正では、余分な歯を抜いたり、ワイヤーなどを使って歯を無理やり整列させるのではなく、あごの発育を促進させることで、自然に歯ならびを整えることができるのです。
当院での矯正治療は、きれいな歯並びだけではなく、美しい顔貌と機能する歯列を目的とし、舌習癖(ぜつしゅうへき)や姿勢の問題。口腔周囲筋のトレーニング、そして足指の問題に着目した矯正治療を行っております。

床矯正プレートの特徴

床矯正の装置は、可撤式床矯正装置なので、好きなときに取り外すことができます。装置をつけていると発音がしにくい他、食事の時も大変です。小さなお子様はもっと大変だと思います。もちろん普段はつけたままでいてもらいますが、音楽の時間や就職面接、電話の対応時など、どうしても装置が邪魔になってしまうときは外してしまってかまいません。

床矯正治療を行うタイミング

床矯正治療を行うタイミング
適用年齢は5~10歳です。4歳以上であれば治療が可能ですので、気になった時点で早めにご相談下さい。早い段階での矯正は、骨格の成長を正常な成長曲線に乗せやすいため、結果的に治療が早く済み、費用を安く抑えることができます。

症例1

歯列前矯正 症例1

症例2

歯列前矯正 症例2